自分の細胞を活用して

白血球の効果

PRP療法とは近年開発されたプチ整形であり、自分の血液から白血球のみを採取し、それをシワやたるみのある部分に注入することでその部分を活性化させ、ハリのある肌に戻すというものです。いわゆるアンチエイジングのひとつであり、年齢を重ねた女性でも非常に高い効果が得られるということで急激に利用者が増えた施術でもあります。このPRP療法を行っている美容外科はまだそれほど多くありませんが、大手美容外科では積極的に採用されています。
白血球は体の免疫力というイメージが強くありますが、そのパワーは強く、活性化させる要素が多く含まれているとされています。その効果をプチ整形で活用することで手軽で安全な施術を可能とし、ストレスなくアンチエイジングが行えるようになっているのです。また、効果も持続性があり、自分の体内パワーを呼び起こすという点からも、プチ整形の注意点の一つである「一時的な効果」を克服しつつあるのです。

アンチエイジング

アンチエイジングはプチ整形でも積極的に行われている施術であり、主にヒアルロン酸やボトックス注射が行われていました。この場合、肌にハリを与え保湿効果を与えるということが重要であり、プチ整形ではヒアルロン酸によるハリと潤いを与え、ボトックスによって肌を引き締め若々しい状態を維持するという方法がとられています。引き締めることでたるみを改善し、年齢を感じさせない肌を実現できる為です。
こうした効果を手軽に得られるプチ整形は高い人気を博し、全国各地の美容外科で行われるようになりました。大手美容外科では的確なプチ整形を行うことで可能な限り施術箇所を少なくし、注射痕などもほとんど目立たない自然な仕上がりを可能としているのです。そして、それをさらに高める存在としてPRP療法が注目されており、今後のプチ整形を左右する存在になるとされています。その為、PRP療法がどのように発展していくかで、プチ整形が更に魅力的な存在になる可能性も高まっているのです。

魅力

アンチエイジングは年齢を感じさせない女性としての魅力を強めるテクニックであり、プチ整形はそれを手軽に手に入れられる施術となっています。セルフケアでアンチエイジングを行うのは非常に長い時間がかかりますが、プチ整形ならばすぐに効果を実感できるというメリットがあるのです。その為、様々な年齢層の女性がプチ整形を活用し、アンチエイジングを実現しているのです。